安洞 雅彦|Masahiko Ando

400年以上の歴史を誇る織部焼。安洞雅彦さんはその伝統を受け継ぎ、茶器や酒器、向付に鉢など幅広く作陶されています。独学で研究を積み重ね、当時の織部焼を忠実に再現するともに、現代の生活スタイルや感性に合わせた作品にも注力。向付をひとまわり小さくデフォルメした「豆向付」は300種類にも及び、安洞雅彦さんの代表作となっています 。

​PROFILE

1971 名古屋に生まれる

大学卒業後からジャズギタリストとして名古屋のbarを中心に演奏活動と同時にギター講師を務める。実家は祖父の代から続く古美術商。

2002 独学で焼き物を始める

2004 瀬戸市陣屋に工房を移す

2009 薪窯をつくる

■展示歴

2019 個展@新宿柿傳

2018 個展@東京ルーサイト

2018 個展@東京ギャルリアジュール

2018 個展@梅田阪急

2018 グループ展@京都高島屋