浜口 義則|Yoshinori Hamaguchi

​銀箔入りの上品なグラス

ガラス工芸の伝統、吹きガラス。埼玉県秩父市にアトリエを構える浜口義則さんの代表作は、金箔や銀箔を施したグラスです。ぽってりとしながら、上品さも兼ね備えたシンプルなデザイン。タンブラーやゴブレット、ショットグラスなどと種類も豊富で、箔の表情も一つ一つ異なり、見る人を飽きさせません。

​PROFILE

1960 福岡県生まれ

   福岡のガラス工房で学んだ後、

   埼玉県秩父にアトリエを構えている。

   

■展示歴

2018 個展 in 名栗の社

2018 個展 in WAPLUS COFFEE

2017 個展 in 大泉生活文化研究所

2012 個展 in 木亭ギャラリー

DSCF4964.JPG